知っておきたいAIのキホン ~「AI活用の特徴を知ろう」【前編】~

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。データデザイン部でディレクターを担当しております八木です。

私たちは人工知能と聞くと、「どんなことでも解決してくれる」という万能なイメージが先行してしまいがちです。しかし、現状の技術では「事前に決められた限定的なタスク」しかこなすことができません。
人工知能といえど、まだまだ「人間と同等の知能」を持ち合わせることができていないのが現実です。

今の人工知能で実現可能なことは何か、その特徴を理解することで、「ビジネスどう活用するか」イメージしやすくなります。
今回は、人工知能の特徴について、2回に分けて解説していきたいと思います。

今の人工知能は弱い?

人工知能の分類として、以下の2つに分けることができます。

  • 強い人工知能 汎用人工知能ともいう。人間と同等の知能を持つ人工知能
  • 弱い人工知能 特化型人工知能ともいう。タスクごとに細かく分けられた人工知能

 

冒頭でも申し上げたように、まだ人間と同等の知能を持つ人工知能は実現できていないので、今私たちがビジネスで活用しようとしているのは「弱い人工知能」ということになります。

弱いというとなんだか頼りないように聞こえますが、そんなことはありません。課題に対し、最適な手法を用いれば、できることはたくさんあります

現在どんな手法があるのか、歴史的な背景とあわせて見ていきたいと思います。

人工知能の歴史

人工知能という言葉は、1956年アメリカで開催されたダートマス会議で初めて使われたと言われています。人工知能はこれまでブームと冬の時代を何度も繰り返し、現在は第3次ブームといわれています。

各ブームの中で生み出された手法があり、今回のブームでは「機械学習」という技術が大きく発展して注目を浴びています。

手法の特徴を知っておくことが大事

過去のブームで生み出された手法がもう古くて使えないかというと、決してそういうわけではありません。
解決したい課題に合わせ、何の手法が適切か、手法の特徴を知っておくことで、「どんな課題がAIで解決できるのか」が判断できるようになります。

次回【後編】では、各ブームによって生み出されたそれぞれの手法の特徴について、解説していきたいと思います。

【ebookのご提供】
製造業のお客様からニーズが高い「画像解析AI」とは?

弊社では、皆さまの「AI・データ活用」にお役立ていただける情報をeBookとして提供しており、お読みいただいた方々に大変好評をいただいております。
今回はその中から、近年注目を集めている「画像解析AI」について、ニーズが高まる背景と活用事例について解説した「AIモデリングサービス ~画像解析AIの高まるニーズとユースケース~」をご紹介します。

AIの導入をご検討の方や、画像解析技術の活用事例にご興味のある方はぜひお読みいただければ幸いです!

ダウンロードは無料です。ぜひご活用ください。

ebookダウンロードはこちら

WRITER
Risa Yagi

ディレクター

八木   梨佐 Risa Yagi

不動産、放送事業者等、複数のAI・データ活用のディレクターを担当。 WEBサービスのPMや、経営戦略推進などの経験を活かし、お客様のAI活用のプランニングからプロジェクト推進を支援。

SNSで最新情報を発信しています

最新記事

ページTOPへ