人工知能は本当に賢いのか?【最終回】―決着―

このエントリーをはてなブックマークに追加

【これまでのお話】
人工知能は本当に賢いのか?
人工知能は本当に賢いのか?【続編】-対決-

グレート猫太郎(日本) vs 地上絵猫(ペルー)、世界猫級タイトルマッチ

一体、地球上の誰がこの対決を予想出来たであろうか。
古代ナスカの人たちが聞いたら、「そんなことのために描いたのではありません」、と口を揃えて言うだろう。

分かっている。しかしAIには、「判別しなければならない」という機能、いや宿命があるのだ。

さて、勝負に際して、まずはグレートをトレーニングしなければならない。つまりトレーニング用の画像が必要である。
誰が準備するのか、と言ったら私しかいない。この時ほどオープンデータセットがありがたいと感じたことは無い。

念のため、インターネットのどこかに私の画風の猫データセットは無いか探してみたが、無い。ある訳が無い。

全力で20枚描いた。そして力尽きた。あとは画像データの水増しで凌ぐ。
斯くして、「鬼太郎の妖怪大図鑑」のような、デンジャラスな香りのする「画集」が出来上がった。

日本には猫島と呼ばれる島がいくつか存在するが、この猫達がいる島があるとしたら、島民は逃げ出したに違いない。むしろ島ごと爆破すべきである。

この時初めて私は、世の中には「超えてはいけないライン」というものがあることを知った。

そして、いよいよ試合である。
試合に際し、地上絵猫だけカラー画像だとハンデになるので、白黒の線画にして、猫部分だけを抽出した。
これでコンディションは互いにイーブンである。

そしてゴングが鳴った(推論コードを廻した)。
グレートの猫パンチは空振りし、勝負は一瞬で決した。

しかし、これはどちらの勝利と言えるのか。
外したグレート猫太郎は「負け」なのか? そもそもこの試合での「勝利」とは何なのか?

そこに、レフリー猫太郎が割って入った。
「だからお前らは猫じゃねぇって言ってんじゃん」

世に「愚か」という言葉がある。

これは基本的に人間を表現する言葉であり、例えばこれを機械に適用したりはしない。
つまり心を持つものに対しての「判定」を示すのではなかろうか。

AIの賢さを証明しようとする人間こそが曖昧であり、賢くもあり、時に愚かなのかもしれない。

※AIは用法・用量を守って正しく使いましょう。

【無料ebookのご案内】
弊社の金岡と株式会社Legolissの加藤氏による対談記事です

企業のマーケティング活動やプロダクト開発などにおいて欠かせない”データ活用”。
やみくもにデータを利用するのではなく、正しい方法で分析しなければ、真価を発揮することはできません。

そこで今回、弊社の金岡がマーケティング領域でのデータ活用に知見のある株式会社Legolissの加藤氏をお迎えして、「企業に必要なデータ活用」をテーマにお話しさせていただき、その様子をebookにいたしました。
これからデータ活用に取り組む方や、どのように取り組めばよいか悩んでいる方はぜひお読みください。

ebookダウンロードはこちら

WRITER

データデザイン事業

DataDesign   byNIFCLOUD DataDesign

私たちは、人工知能(AI)の開発をコアバリューに世の中の様々な課題をデータで解決します。 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社のデータデザイン事業です。

SNSで最新情報を発信しています

最新記事

ページTOPへ