人工知能は本当に賢いのか?【最終回】―決着―

このエントリーをはてなブックマークに追加

【これまでのお話】
人工知能は本当に賢いのか?
人工知能は本当に賢いのか?【続編】-対決-

グレート猫太郎(日本) vs 地上絵猫(ペルー)、世界猫級タイトルマッチ

一体、地球上の誰がこの対決を予想出来たであろうか。
古代ナスカの人たちが聞いたら、「そんなことのために描いたのではありません」、と口を揃えて言うだろう。

分かっている。しかしAIには、「判別しなければならない」という機能、いや宿命があるのだ。

さて、勝負に際して、まずはグレートをトレーニングしなければならない。つまりトレーニング用の画像が必要である。
誰が準備するのか、と言ったら私しかいない。この時ほどオープンデータセットがありがたいと感じたことは無い。

念のため、インターネットのどこかに私の画風の猫データセットは無いか探してみたが、無い。ある訳が無い。

全力で20枚描いた。そして力尽きた。あとは画像データの水増しで凌ぐ。
斯くして、「鬼太郎の妖怪大図鑑」のような、デンジャラスな香りのする「画集」が出来上がった。

日本には猫島と呼ばれる島がいくつか存在するが、この猫達がいる島があるとしたら、島民は逃げ出したに違いない。むしろ島ごと爆破すべきである。

この時初めて私は、世の中には「超えてはいけないライン」というものがあることを知った。

そして、いよいよ試合である。
試合に際し、地上絵猫だけカラー画像だとハンデになるので、白黒の線画にして、猫部分だけを抽出した。
これでコンディションは互いにイーブンである。

そしてゴングが鳴った(推論コードを廻した)。
グレートの猫パンチは空振りし、勝負は一瞬で決した。

しかし、これはどちらの勝利と言えるのか。
外したグレート猫太郎は「負け」なのか? そもそもこの試合での「勝利」とは何なのか?

そこに、レフリー猫太郎が割って入った。
「だからお前らは猫じゃねぇって言ってんじゃん」

世に「愚か」という言葉がある。

これは基本的に人間を表現する言葉であり、例えばこれを機械に適用したりはしない。
つまり心を持つものに対しての「判定」を示すのではなかろうか。

AIの賢さを証明しようとする人間こそが曖昧であり、賢くもあり、時に愚かなのかもしれない。

※AIは用法・用量を守って正しく使いましょう。

【建築業向け】事例ウェビナー動画のお知らせ

「DXをどのように始めれば良いのかわからない」「建設業におけるAI活用について知りたい」方に最適なウェビナーを企画しました。

建設業界では、人手不足を解消するために、DXによって作業の自動化や工数削減を実現するような取り組みが加速しています。
そこで今回、「DXの実践事例」や「成功するDXプロジェクトの進め方」について、伐採木の採寸から調書作成までを自動で行うアプリの開発に関わったメンバーが対談形式でお伝えしていきます。

タイトル:建設業におけるDXの実践例

視聴形式:動画配信(視聴無料)

お申し込みはこちら

WRITER

データデザイン事業

DataDesign   byNIFCLOUD DataDesign

私たちは、人工知能(AI)の開発をコアバリューに世の中の様々な課題をデータで解決します。 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社のデータデザイン事業です。

SNSで最新情報を発信しています

最新記事

ページTOPへ