Who is the winner in the New Normal?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、在宅勤務で引き籠り状態の、データアナリストのMr.Suです。
先日、ジャージ姿で近所のコンビニ行ったら、昼間っから縁石に座って酒飲んでるオッチャンに、「兄ちゃんも仕事探してんのけぇ~?」って言われました。
うーん、探してないけど、探してないけど、世間からはそう見えるのね。ある意味、生きる目的は探してるかも? 「働く」って、意外と難しいことだったのね(泣)。

さて、そんな難易度の高い「働く」ことに、更に追い打ちを掛けるように現れた「ニューノーマル」。
何ですか、働き方の味変かなんかですか? 縁石で座っているオッチャンに聞いたら分かりますか? 世間様から働いていないと思われている私に、これ以上何をせぇと(泣)。

ということで今回は、「Data Visualizationの可能性を探る」シリーズ第4弾と致しまして、「どうすれば働いているように見てもらえるのか?」、、、もとい、「ニューノーマル時代の勝者は誰か?」をテーマにアナリティクスしてみることにします。

使用するデータは、「商業動態統計月報-2020年5月分(経済産業省)」を加工して作成しています。

最初に、新型コロナウィルスにより緊急事態宣言が出された2020年4月時点での小売業の業種別状況を見てみます。(横軸は販売額(単位10億円)、縦軸は前年同月比増減率(%))

 

 

悲しい程に、大半の小売業種でマイナスに落ち込んでいるのが分かります。
分かりやすくするために、1年前(2019年4月)の状況と比較してみますと、
 

 

沈んでますね、どっぷりと、マイナス沼に。2019年4月では、かろうじてプラスだった前年同月比の全体平均(赤線)が、2020年4月では、マイナス20%近くまで大きく落ち込んでいるのが分かります。(濃いグレーがマイナス領域です)

次にこちら。2019年4月から2020年5月までの時系列状況(横軸)を示しています。特に非常事態宣言後の2020年4-5月を赤線でハイライトしてあります。

 

 

この形状から、いくつかのパターンに分類できます。

  • A) 以然程ダメージを受けていない。(Food & Beverages)
  • B) 昨年度あたりから業績が落ち込んでいた。(General Merchandise, Motor Vehicles, Fuel, Fabrics Apparel & Accessories)
  • C) 昨年度あたりは業績好調だったが、新型コロナで一時的にダメージを受けた。(Machinery & Equipment, Medicine & Toiletry Stores, Nonstore retailers, Others)

このデータだけでビジネス狙うのなら、パターンCですね。新型コロナの影響が少ない。パターンAでも良いのですが、伸びが鈍化しているのが気になります。

最後にこちら、今度は縦軸を販売額に変えて、緊急事態宣言が出された2020年4月を基準に2020年5月の値を「回復力」として表しています。

 

 

この記事の執筆時点ではデータが2020年5月までしか無いので、直近の6,7月の状況が分からないのですが、それがあると、ある程度、ビジネスの基底状態が分かってきます。

つまり、私見ではありますが、その基底状態こそがニューノーマルとしての新しい基準になる訳ですね。それを正しく定義出来るか、そしてそこから次世代のビジネスを組み立てられるかが、勝者のポイントになるのではないでしょうか。

ということで今後は私も、「コンビニの縁石に座って酒を飲みながら仕事を探す」、というニューノーマルのスタイルに変革していきます。
どなたか仕事下さい。

【建築業向け】事例ウェビナー動画のお知らせ

「DXをどのように始めれば良いのかわからない」「建設業におけるAI活用について知りたい」方に最適なウェビナーを企画しました。

建設業界では、人手不足を解消するために、DXによって作業の自動化や工数削減を実現するような取り組みが加速しています。
そこで今回、「DXの実践事例」や「成功するDXプロジェクトの進め方」について、伐採木の採寸から調書作成までを自動で行うアプリの開発に関わったメンバーが対談形式でお伝えしていきます。

タイトル:建設業におけるDXの実践例

視聴形式:動画配信(視聴無料)

お申し込みはこちら

WRITER

データデザイン事業

DataDesign   byNIFCLOUD DataDesign

私たちは、人工知能(AI)の開発をコアバリューに世の中の様々な課題をデータで解決します。 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社のデータデザイン事業です。

SNSで最新情報を発信しています

最新記事

ページTOPへ