RELEASE

富士通クラウドテクノロジーズ、伐採木の採寸などの作業を効率化するAIアプリの実証実験を開始 ~伐採作業員の工数を最大75%削減へ~

2021.7.12

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社と日本リーテック株式会社は、伐採木の胸高直径算出と樹種の判定をAIが自動で行い、調書作成までを自動化するアプリ開発の実証実験を開始しました。これにより、従来人手で採寸を行い、手入力により調書を作成していた作業が自動化され、大幅な工数削減が実現します。
 
詳細は下記ページにてご覧ください。

プレスリリース情報
富士通クラウドテクノロジーズ、伐採木の採寸などの作業を効率化するAIアプリの実証実験を開始~伐採作業員の工数を最大75%削減へ~

ページTOPへ