INFO

データデザイン・ブログ記事ご紹介【1月】

2020.2.5

データデザインのブログでは、AI活用のノウハウやプロジェクトの進め方など、さまざまな情報をご案内しております。
ライター陣は現役で活躍中の当社ディレクターおよびデータサイエンティストです。
ご提供中の各種プロダクトや事例についての詳しい解説もございます。ぜひご覧ください。

2020年1月 最新ブログ記事

AI活用に取り組みたいけれど、二の足を踏んでいる方がいらっしゃいましたら、リスクを極力減らして取り組むことができる「AIモデリングサービス」をおすすめします。その理由を今回のブログでご説明します。

【前編】用途特化型のAIモデルを開発する
「AIモデリングサービス」とは?3つの特長をご紹介!


データ分析基盤のベストプラクティスとされている構成と、そのメリットや構築ポイントについて整理します。

データ分析基盤の基本と構築のポイント


「Starflake」を活用して北海道の観光産業について分析してみました。今回のテーマは星空観光です。

【後編】非エンジニアだけど人工衛星データを
可視化して分析してみた


産業・流通系の異常検知・領域抽出案件の一番難しい点は、実践投入する際に高い精度が要求されることです。今回は、画像データが十分にない際に、CGによるデータ生成で解決する方法について説明していきます。

画像データが十分にない!をCGによるデータ生成で解決


流通・不動産・金融など様々な業種でお使いいただける汎用的なデータです。移動人口・滞在人口を抽出したものをもとに特徴、ユースケースについてお伝えします。

KDDI Location Dataの提供を開始します


データ更新を伴うAIアプリケーション運用における、Kubernetesの有用性について解説します。AIアプリケーション構築には、機械学習モデルの作成だけではなく、周辺のシステム開発も必要となります。

データ更新を伴うAIシステムの運用を
Kubernetesで簡単に実現する方法


弊社では「過去気象ログ」として、気象庁のデータを250mメッシュ単位集計しCSV化した状態でご提供しております。これから前後編に分けて、札幌市円山動物園の来場者データを用い、気象とリアル施設来場者傾向の関連性を探ります。

需要・来客分析には必須!?
気象データで動物園の来場者傾向を分析してみた(前編)


弊部では異常な動作を検知し運用担当者に通知するために各種監視機能を利用していますが、今回は Grafana を Elasticsearch に接続して可視化・監視する方法を紹介します。

Grafana で Elasticserch に蓄積したサーバーメトリクスの
可視化+アラートのSlack通知環境を構築してみた (ニフクラ)


ブログ最新記事はこちらからチェック!

ご紹介 AI活用に役立つセミナー&イベント情報

当部のディレクターおよびデータサイエンティストが登壇する各種セミナーやイベント参加の最新情報を掲載しております。
データ活用ビジネスに効くヒントを得たい方や、AI導入を検討しているご担当者様向けの企画はこちらからご確認ください。

ページTOPへ