RELEASE

データ活用に取り組む企業向けに地理関連統計データの提供を開始 ~ あわせて「データサービスパートナープログラム」を開始 ~

2019.11.6

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社は、2019年11月6日(水)から、データ活用に取り組む企業向けに地理関連統計データの提供を開始します。官公庁が公開している地域別人口や雨量などの各種統計データから、企業が必要とするデータを選定し、利活用しやすい形式に加工して提供します。
あわせて、当社が提供する各種加工データの再販、ソリューション提案および付加価値サービスの共同開発などで協業いただけるパートナー企業を対象とした支援プログラム「データサービスパートナープログラム」を開始します。

当社プレスリリース

データ活用に取り組む企業向けに地理関連統計データの提供を開始
https://fjct.fujitsu.com/press-release/20191106.html


 

地理関連統計データの提供方法など

  • 提供開始日  : 2019年11月6日(水)
  • データ提供形式 : CSVファイル形式
  • 想定利用者  : 不動産事業者、流通サービス、都市ディベロッパー、自治体など

取扱いデータ

  • 人口年次推移
  • 公示地価
  • 住宅着工インデックス
  • 過去気象ログ

提供データの仕様および提供料金など詳しくは、プロダクトご紹介ページをご覧ください。

データサービス パートナープログラム

各種加工データの再販、ソリューション提案および付加価値サービスの共同開発などで協業いただけるパートナー企業を、サンプルデータの提供や再販支援など、技術とビジネスの両面から支援するプログラムです。プログラムへの参加登録は無料です

対象データ

  • 地理関連統計の加工データ
  • 人工衛星画像データ加工サービス「Starflake」シリーズの加工データ
    • 森林および植生面積データ
    • 貯水量データ
    • 都市の夜間光データ

    想定パートナー企業

    地理関連ソフトウェア提供ベンダー、金融・不動産関連コンサルタント、システムインテグレーターなど

    参加登録方法

    まずはフォームからお問い合わせください。後日、担当者よりご連絡いたします。

 

お問い合わせ

本サービスに関するお問い合わせは、下記フォームよりお願いいたします。
https://lp.data.nifcloud.com/inquiry.html

ページTOPへ