RELEASE

衛星データを機械学習によりクラスタリングしたデータサービス「Starflake retail」を提供開始

2020.7.2

富士通クラウドテクノロジーズのデータデザイン事業では、2020年6月30日よりデータサービス「Starflake retail」の提供を開始しました。


Starflake retailとは

当社はこれまで様々な地理関連データを提供し、これらのデータおよび機械学習を用いた研究開発を推進してきましたが、この度「公示地価」「国勢調査」「Starflake nightview」(都市の夜間光データ)を用いた分析結果を、データセット「Starflake retail」として提供開始しました。

「Starflake retail」は、任意のエリアごとの人口密度と経済的な価値(地価など)を比較、クラスタリングしたデータです。流通業の店舗開発業務や不動産ディベロッパーの商業用不動産・分譲地開拓業務において、エリアごとの「コストパフォーマンス」を把握することができます。

リリース記念キャンペーン

本サービスのリリースを記念して、弊社データサービスを20OFFでご利用いただけるキャンペーンを実施中です。

 

サービスの詳細やキャンペーン情報は下記ページにてご確認ください。

 


お問い合わせ

本件、またはパートナープログラムに関するお問い合わせはこちらから。
https://lp.data.nifcloud.com/inquiry.html

ページTOPへ