RELEASE

人工衛星画像データ加工サービス「Starflake」を提供開始

2019.7.12

人工衛星で撮影された画像をディープラーニング(深層学習)などのデータサイエンス技術を用いて分析し、地表のさまざまな物体の大きさや時系列での変化量をCSVファイルに加工するサービス「Starflake(スターフレーク)」の提供を開始しました。

「Starflake」には、当社がデータサイエンス事業で培ってきた、業種の特性や要件に合わせてデータを構造化するノウハウが活用されています。今回は第一弾として、森林および植生面積データを対象とする「Starflake forest(スターフレーク・フォレスト)」および、貯水量データを対象とする「Starflake water(スターフレーク・ウォーター)」の提供を開始します。

当社プレスリリース

富士通クラウドテクノロジーズ、 人工衛星画像データ加工サービス「Starflake」を提供開始
~第一弾として、森林・植生面積データと貯水量データの加工サービスを提供~
https://fjct.fujitsu.com/press-release/20190712.html


 

Starflakeご案内資料

人工衛星画像データ加工サービス「Starflake」に関する資料をご提供しております。
https://lp.data.nifcloud.com/Starflake.html

特別講座を開催

人工衛星画像データ加工サービス「Starflake」の提供開始を記念して、2019年8月28日に衛星データの有識者を招いた特別講座を開催します。(先着順にて事前予約制)
https://lp.data.nifcloud.com/DataSPstarflake2019.html

ページTOPへ