クラスターデータサービス―Starflake retail

2020.6.30

Starflake retailとは

Starflake retailは、エリアごとの人口密度と経済的な価値(地価など)を比較した際の「コストパフォーマンス」を把握できるクラスターデータです。

2017年7月より提供を開始した人工衛星画像データ加工サービスStarflakeシリーズや様々な地理関連統計データから、「公示地価」・「国勢調査」・「Starflake nightview」(都市の夜間光データ)を用いた分析結果をデータセットとして提供し、流通業の店舗開発業務や不動産ディベロッパーの商業用不動産・分譲地開拓業務をご支援いたします。

キャンペーンのご案内

【期間限定】Starflake retailリリース記念!割引キャンペーンを実施中(9/30まで)

弊社データサービスの期間限定割引キャンペーンを実施中です。
詳細はページ下部にございます。こちらも併せてご覧ください。

本サービスの特長

流通サービス・不動産ディベロッパー企業が出店計画を決定する際、目に見えて人口が多く、地価も高い都市エリアはほぼ必ず出店を検討します。
一方で重要になるのは、人口が比較的多く地価が比較的安い、隠された「コストパフォーマンスの高いエリア」の情報であるということがヒアリングで明らかになりました。

当社でもかねてより提供している「公示地価」および250mメッシュ単位で集計された「国勢調査(2015年版)」のデータを用い、地価が比較的安く人口密度の高いエリアを抽出しようと試みましたが、公示地価の利用には次のような課題があります。

  • 年次更新のため、再開発の影響などを考慮できていない可能性がある
  • 人口10万人以上都市のみ開示されており、郊外・地方都市はデータに欠損があるため、そもそも把握できない

本サービスではこのような公示地価の課題を踏まえて検証を重ね、都市の夜間光データで全世界日次で取得可能な「Starflake nightview」を、公示地価の代理変数として利用し、対応することに成功しました。


夜間光と公示地価の相関図

このように夜間光と公示地価には強い正の相関があり、これは公示地価の代理変数としてStarflake nightview(夜間光)を用いることが可能であることを示しています。

この結果を踏まえ、本サービスではStarflake nightviewを公示地価の代理変数=経済的な価値を表す変数として利用、国勢調査をもとにした人口密度データと250mメッシュ単位で結合し、弊社独自ロジックおよび「教師なし学習」のアルゴリズムによってクラスタリングを実施しております。
これにより、日本全国を以下の人口密度と経済的な価値のバランス=コストパフォーマンスで分類した7つのクラスターに分類することが可能です。


クラスタリングのイメージ

上記クラスターのうち、「都市エリア」「準都市エリア」「目に見えて人口が多く、地価も高い都市エリア」に該当します。実際に分析を行った結果、店舗も密集し、競争率が高いエリアであることが確認できました(例:東京都港区・中央区)。
一方、「人口集中エリア」は人口密度が高いわりに、夜間光が低く「人口密度は高いが、比較的地価が安いコストパフォーマンスの高いエリア」と解釈することができます。出店や拠点開拓時は、この「人口集中エリア」を選択することで、安い地価に比べて多くの顧客を獲得できると考えられます(例:千葉県勝浦市)。

このように、本サービスのクラスタリングを利用することで、「コストパフォーマンスの良いエリア」や「競争率の高いエリア」などを手軽に把握することが可能です。

サービス詳細

こんな方におすすめです

  • 流通業における「店舗開発業務」
  • 不動産ディベロッパーにおける「商業用不動産・分譲地開拓業務」

データはCSVファイルでご提供

任意の場所のエリアごとの人口密度と経済的な価値を比較、クラスタリングしたデータをCSVファイルでご提供致します。
CSVファイルのため、Excelを利用したデータの可視化、さらに、そのデータを利用した時系列分析なども貴社にて実現可能です。

データの仕様(基本プラン)

仕様 主キー250mメッシュ(JIS規格5次メッシュ)コード
7つのクラスター(都市エリア、準都市エリア、人口集中エリア、準人口集中エリア、都市部非居住エリア、地方エリア、閑散エリア)のいずれに該当するかを示すコード
本データの元となるデータ Starflake nightview(出典:NOAA“COMPREHENSIVE LARGE ARRAY-DATA STEWARDSHIP SYSTEM”Suomi-NPP)
国勢調査(出典:総務省統計局「国勢調査 平成27年度」)
基本料金 最小提供単位:各都道府県別
料金:¥500,000(税別)
料金算出例 ◇東京都全域のStarflake retail提供で¥500,000(税別)
◇大阪府+京都府のStarflake retail提供で¥1,000,000(税別)

 

オプション

以下はオプションとなります。個別にご相談ください。

  • メッシュサイズや集計単位の変更(例125mメッシュ、500mメッシュなど)
  • 各クラスターのデモグラフィックごとのさらなるクラスタリング(例:人口集中エリアのうち、特に若年人口が多いエリアを把握したい)

キャンペーンのご案内

Starflake retailご提供開始を記念しまして、弊社データの期間限定割引キャンペーンを実施します。

キャンペーン内容

対象プロダクトを一律20%OFFでご提供

対象プロダクト

  • 地理関連統計データ
  • Starflakeシリーズ

キャンペーン期間

2020年9月30日まで

お問い合わせ

本サービスに関するお問い合わせは、下記フォームよりお願いいたします。後日、担当者よりご連絡いたします。

ページTOPへ