人工衛星画像データ加工サービス Starflake

2019.7.29

Starflakeとは

実務で使える衛星データをコンセプトに、人工衛星で撮影された画像をディープラーニング等のデータサイエンス技術で加工して、地表面の様々な物体の面積や時系列の変化量を構造化データとしてご提供するサービスです。

※撮影頻度およびエリアは、データ元の衛星画像に準拠いたします。

CSV形式のデータでご提供

データはCSV形式のため、エクセルを利用したデータの可視化、さらに、そのデータを利用した時系列分析なども貴社にて実現可能です。
ご提供までの流れなど、詳しくは資料にてご案内しております。

夜間光プレビュー
図:夜間光の強い地域を抽出

こんな方に最適です。

  • 小売・サービス業様 :商圏分析や来店戦略立案
  • 不動産業様     :地価・価格査定
  • 金融・投資会社様  :固定資産運用への利用

こんなケースにも最適です。

  • 特定の場所における森林および植生面積を把握して都市開発に活かしたい
  • 水害が多い地域における水域面積を知ることで被害アセスメントを実施したい
  • 自動車駐車状況を網羅的に検知することで、競合の状況を調査したい
  • その他、衛星画像をもとに加工されたデータを利用してビジネスに役立てたい

ラインナップ

Starflake forest(スターフレーク・フォレスト)森林および植生面積データを対象に集計
Starflake water(スターフレーク・ウォーター)貯水量データを対象に集計
Starflake nightview(スターフレーク・ナイトビュー)都市の夜間光(※)データを対象に集計

夜間光プレビュー
利用例(Scatter plot):各特別区の住宅価格の中央値と夜間光の相関を可視化 – 住宅価格の出典:国土交通省「土地総合情報システム」

Starflakeでは、ご要望に応じて人工衛星画像を活用して、適切な分析手法を用いて加工された構造化データをご提供。データはCSV形式のため、エクセルを利用したデータの可視化、さらに、そのデータを利用した時系列分析なども貴社にて実現可能です。ご提供までの流れなど詳しい内容は資料にてご案内しております。

※「都市の夜間光」は「生の経済活動」を示すデータであり、地価や人口と相関を持つうえそのほかの統計データと比べて高頻度(月次)で更新。


 

Starflakeに関する資料をダウンロード

詳しくはこちら。
https://lp.data.nifcloud.com/starflake.html

 

お問い合わせはこちら。
https://lp.data.nifcloud.com/DataInquery.html


Starflake 特別セミナー

「Starflake」の概要、活用法をはじめ衛星データの有識者を招いた特別講座を開催します。

テーマおよび講師

  • 「宇宙ビジネスの概況と衛星データ利用の広がり」
    株式会社minsora 代表
    高山久信 氏
  • 「欧州における衛星利活用最新動向」
    一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構 Copernicus Relay Japan担当
    サム・クレイドン 氏
  • 「FJCTデータデザイン事業と衛星データ加工サービス」
    富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 データデザイン部 プランナー
    金岡 亮

セミナー概要

開催日時:2019年8月28日 (水) 14時00分~17時00分(13時30分受付開始)
会 場 :富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 2F セミナールーム(アクセス)
参加費 :無料
定 員 :20名

お申込みはこちら

ページTOPへ