7月29日オンライン開催AI/データ活用の全体像を理解!
データサイエンス基礎講座

Why?どうして今、
データサイエンスなのか

ここ数年、「機械学習」「ディープラーニング」「人工知能」といった言葉を目にする機会が急激に増えました。しかし実際に機械学習を行うにしても適切な知識がないままでは、正しい成果に結びつけるのは難しいのが現状です。

さらに、最近では「DX(デジタルトランスフォーメーション)」という言葉も出てきており、経済産業省が2018年9月に発表した「DXレポート」では、「DXが推進されなければ、2025年以降に最大で年間12兆円者経済損失が生じる可能性がある」との指摘があります。

これまで「データサイエンス」は一般のビジネスパーソンにはあまり関係がないと考える人が多いのが現状でしたが、「デジタル時代」、「DX時代」において、エンジニアやデータサイエンティスト以外のビジネスパーソンも、データサイエンスの知識が必須となります。

「機械学習」 「ディープラーニング」
「デジタルトランスフォーメーション」の3単語の検索数推移
(Google Trends, 2015年3月~2020年6月)

Pointデータサイエンス基礎講座
3つの特長

  • 1

    初心者向けの基礎プログラム

    本講座はDXの推進に必要なスキルを身に着けたい方や、データ活用をこれから事業に導入検討されている方、データサイエンス全般の基本的な知識を学びたい方に最適です。
    サンプルデータを使って体感できるハンズオンも大好評をいただいております。

  • 2

    業界に精通した講師陣

    日々、クライアントワークとしてAI活用やDX推進、データ活用プロジェクトに企画から開発まで携わる現役データサイエンティストおよびディレクターが講師を務めます。
    こまめに質疑応答の時間を設けており、オンラインでもインタラクティブな雰囲気です。

  • 3

    独自カリキュラム

    データサイエンスの全体像からハンズオンまで幅広くカバーしたカリキュラムを組んでおります。
    参加特典として当日の資料はお持ち帰りいただけます。

Course Plan選べる2つの受講プラン

今回より、皆様の課題に合わせてお選びいただけるよう2種類の受講プランをご用意しております。

おすすめプラン:AI技術提案&アドバイザリープラン
こちらはAI活用やDX推進における皆様の課題に対し、当社の経験豊富なデータディレクターやデータサイエンティストが具体的な解決策についてアドバイスさせていただくプランです。
本講座のsession2において、DIVAというフレームワークを用いて、ご参加企業様のAI・データ活用で解決しうる課題を整理いたします。記入して頂いたフレームワークをご提出頂き、後日AI技術提案を追記してご返却いたします。
また、そのフレームワークをもとに個別相談会も可能です。現場のデータサイエンスティストも同席し、DIVAの課題についての解決策をアドバイスいたします。

DIVAのイメージ

通常プラン:本講座の受講のみ
本講座の受講のみのプランです。(上記のようなDIVAフレームワークのご返却とアドバイザリーはございません)

Recommendこんな方におすすめ

DXの推進やデータ・AI活用にお悩みのすべての職種の方を対象にしています。

  • 管理部門イメージ

    管理部門

    社内の複数データを横串で管理したい

  • 製造部門イメージ

    製造部門

    製造ログデータから異常を予知したい

  • 宣伝部門イメージ

    宣伝部門

    売上データからプロモーション戦略を立てたい

  • 新規事業部門イメージ

    新規事業部門

    自社の新規事業にAIを役立てたい

Curriculum講座カリキュラム

Session1データサイエンスの全体像(学習)

内容

  • DX、AI時代のトレンド
  • データの種類と応用
  • データ活用のフロー
  • データ活用の評価方法

Point

押さえておくべきDX、AI活用の基本的知識をはじめ、データ活用の基本的フローに沿って、具体的に何を行い、何に気をつけるべきか、丁寧に解説します。

Session2データ・AI活用の始め方(ワークショップ)

内容

  • DX, AIの価値と活用のための実践方法
  • フレームワークの使い方

Point

すぐに使っていただけるフレームワークを用意しました。データ活用のプランの立て方や、プロジェクトの推進方法について、具体的な事例を交えて解説します。

Session3データ活用事例の再現(ハンズオン)

内容

  • データサイエンスプロジェクトの捉え方
  • データ収集、可視化・傾向把握
  • API、GUIフレームワークの活用
  • アルゴリズムパッケージ等の利用

Point

サンプルデータやオープンソースを活用し簡単なハンズオンを行います。データ分析で実際にどういうことをやっているのか、肌で感じていただける内容です。(エンジニアスキルは必要ありません)

参加特典

  • すぐに使えるデータ分析実践キット
  • NIFCLOUD 無料枠
  • オリジナル資料
  • 無料相談会

参加をお悩みの方へ

本講座の参加をご検討されている方に向けて、講座の実施内容について簡単にご説明する「予告編」の無料ウェビナーを7月8日(水)に開催しました。
こちらのウェビナー動画を公開しておりますので、本講座に少しでもご興味をお持ちの方はぜひご視聴ください。

Seminar Informationデータサイエンス基礎講座の概要

開催日時
2020年7月29日(水) 13:00~18:00
会場
オンライン(zoomにて開催)
参加費用
おすすめプラン(AI技術提案&アドバイザリープラン): ¥100,000(税抜)  初回特別価格:¥70,000(税抜)
通常プラン:¥30,000(税抜)
主催
富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 データデザイン事業
参加方法
  • 事前にお申し込みください。
  • 本講座はオンラインでの開催のため、PCおよびモバイルデバイスからご参加いただけます。
  • お申し込み後、ご登録メールアドレス宛に、参加URLなどのご案内が届きます。

ご注意事項

  • お申し込み後のキャンセル、ご送金後の返金はお受けいたしかねます。申し込んだ方のご都合が合わなくなった場合は、代理の方が出席くださいますようお願いいたします。
  • 最小遂行人数(5名)に満たない場合は、開催しない場合がございます。その場合は、開催日の1週間前までにお申込者にご連絡いたします。
  • 競合すると考えられる製品やサービスなどをご提供される会社の方は、主催者の判断に基づき受講をお断りさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • 講師の急病、またはその他やむを得ない理由により、講座を中止する場合があります。この場合、未受講の講座の料金は返金いたします。

よくあるご質問

よくご質問いただく内容をFAQとしてまとめました。あわせてご確認ください。FAQはこちら

ページTOPへ