AIモデリングサービス

USE CASES

危険行動検知

工場や物流倉庫ではさまざまな産業車両が活躍していますが、これらの運転手の危険運転評価を行うにはドライブレコーダーの映像を何度も確認する必要があり、評価者に膨大な工数がかかってしまいます。
このような課題の解決策として、ドライブレコーダーの映像から危険運転シーンを検出するAIを導入することで、評価者の工数を大幅に削減することが可能です。

改善前

運転手の危険運転評価を定期実施しているが、全社員分のドラレコ映像を隅々まで評価するのに膨大な工数がかかっている。

改善後

ドライブレコーダーの映像を何度も確認することなく、AIが検出した危険運転と思われるシーンのみを確認するだけで評価が可能になり、評価者の工数削減につながった。

学習の入力データ

・ドライブレコーダー映像
・評価者がどこを見て評価しているかの情報

アウトプット

・危険運転と思われるシーンの映像(安全運転と思われるシーンは早回し再生)

課題

産業車両のドライバーの安全運転評価をする必要がありますが、 ドライブレコーダーの映像を何度も繰り返し見て確認する必要がるため、その業務に膨大な時間を要してしまっています。

運転中の様子をドライブ
レコーダーにて撮影

安全運転ができているか
を映像を見て判断

同じ動画を繰り返し何度も見て評価をつけており、作業工数が膨大。

ドライバーの評価

危険運転該当者に指導し、
労働災害を未然に防ぐ

解決策

ドライブレコーダーの映像を人手でチェックするのではなく、AIを活用し、危険運転シーンを自動検出できるようにします。
AIが行うのはあくまで危険運転シーンの検出までで、その後の評価は人が行うことで、現場からの信頼感を損ねず、評価者の工数を大幅に削減することが可能です。 さらに、評価者によってブレていた危険運転の定義を標準化も実現できます。

運転中の様子をドライブ
レコーダーにて撮影

AIが危険運転シーン
を検出

AIが行うのは危険運転シーンの切り出しのみで評価は人が行うことで、現場からの信頼感を損ねない設計に。

検出結果をもとに評価者が
ドライバーのスコアを付与

危険運転該当者に指導し、
労働災害を未然に防ぐ

ページTOPへ