AIモデリングサービス

USE CASES

機械故障検知

製造業の現場では、日々たくさんの機器を使用して作業を行います。機器に故障はつきものですが、故障してしまうと現場作業がストップしてしまうため、故障を未然に防ぐことが重要になります。通常は機器にセンサーをつけて交換時期を予測しますが、部位によって設置できない場合もあります。

このような課題を解決するために、機器の『別の部位』から『故障を予測したい部位』の被害量を推計することで、センサーをつけられない部位の故障を予測することが可能です。
これによって、人の勘に頼っていた交換時期の予測をシステム化することができ、故障発生による弊害を未然に防ぐことができます。

改善前

定期点検のみでは故障予測の発見に限界があるほか、故障予測検知センサーがつけられない場所もある。また稼働データが取得不可能な部位の故障予測は“人の勘”に頼るしかない。

改善後

人の勘に頼っていた故障予測をシステムで自動化することでコストを削減し、お客様からの信頼もアップできる。

学習の入力データ

・機器本体の稼働データ
・壊れやすい部位の被害量データ

アウトプット

・(現時点の)壊れやすい部位の被害量交換タイミング

課題

機器の故障予測が遅れると、故障した部位は交換対象となるため現場作業ができなくなり、お客様に機会損失が発生してしまいます。
通常は機器にセンサーをつけて被害量を収集し、交換時期を予測しますが、激しい衝突が起こる部位や小さい部位にはセンサーを取り付けられません。
また稼働データが取得できない部位の故障予測は人の勘に頼るしかなく、担当者ごとに予測がバラバラな上、手間がかかるという課題があります。

定期点検

定期点検だけでは故障予測に限界があるため、故障後に交換対象となってしまう機器が発生してしまう

人手による故障予兆の発見

機器交換手続き

交換完了

解決策

機器の『別の部位』の稼働状況から『故障を予測したい部位』の被害量を推計することで、センサーをつけられない部位の故障予測を行うことが可能であり、それを日毎に計測することができます。
これによって、これまで人の勘に頼っていた交換時期の予測をシステム化でき、コスト削減の効果も得られます。また担当者ごとの予測のバラつきや故障発生による弊害を未然に防ぐことができるため、お客様の信頼獲得にもつながります。

故障予測(被害量)の自動計測

センサーをつけられない部位の故障を予測するため、別の部位の稼働状況から故障を予測できるように

故障予測の自動アラート

機器交換手続き(半自動)

交換完了

ページTOPへ