AIモデリングサービス

USE CASES

パチンコ台稼働率予測

通常パチンコ店では、遊技機を入れ替えする際、どの台を入れ替えるのかの判断は勘と経験で実施されることも多く、売上を落とすひとつの要因となってしまっています。

これを解決する手段として「稼働予測AIモデル」を構築することで、台の入れ替えを勘に頼るのではなく、データをもとに判断できるように。その結果、以前よりも稼働率の良い台を残せるようになり、売上に貢献できるようになります。

改善前

遊技機の台替え判断が店長の勘と経験に依存しているため、データドリブンで適切に判断する必要がある。

改善後

AIで稼働率を予測することによって、どのタイミングでどの台を変えるべきかの判断が可能になる。

学習の入力データ

・過去の稼働データ
・機種データ

アウトプット

・1か月後の稼働率
・予測結果

課題

各店舗のパチンコ遊技機を入れ替える際、どの機種を、いつ、何台入れ替えるかの判断は店長やマネージャーなどの勘や経験をもとに判断するため、入れ替えのタイミングや機種を見誤ることも多く、売上を落とす要因となります。

入れ替え判断のための
データ収集と確認

過去の稼働状況やお客様の入り、イベント情報などを考慮した上で、店長など判断者が勘と経験をもとに判断。適切な判断ができているか分からない

入れ替え台と台数を決定

入れ替え作業

結果確認

解決策

統計ならびに機械学習を用い、機種ごとの稼働を予測可能なAIモデルを構築し、管理している台の今後の稼働傾向(主にダウントレンド)を把握できるようにします。
その結果、これまでのように勘に頼らず、AIの示す数値をもとに判断できるようになり、より稼働率の良い台を残すことで売上への貢献につながり、判断する店長やマネージャーなど判断者の業務負荷軽減にもつながります。

稼働率予測AIを利用し、
ダウントレンドを把握

1の結果をもとに
入れ替える台と台数を決定

稼働率の“値”だけでなく、傾向をグラフで可視化することで、中長期のトレンドも参考値として把握することができる。

入れ替え作業

結果確認

ページTOPへ