AIモデリングサービス

USE CASES

不動産価格査定

中古不動産の価格査定業務や賃貸物件の賃料算出に多くの時間と手間がかかります。また算出ロジックが定型化されていないため、査定価格は個々のノウハウに依存しており、熟練度によって大きな誤差が出てしまいます。

これら課題を解決するためにAIによる価格査定システムを導入することで、専門的な知識が問われる中古不動産の査定業務、賃貸物件の賃料算出を自動化することが可能です。そしてこれまで大きく人手に依存していた価格査定業務をAIで代替することで、時間や工数を大幅に削減できます。

改善前

価格査定や賃料算出業務に多大なコストがかかっており、熟練度によって査定の誤差も大きい。

改善後

査定業務を効率化できたことで人件費を削減でき、さらに査定結果のマーケティング活用にもつながる。

学習の入力データ

・過去取引データ
・物件ごとのスペックデータ
・棟データ

アウトプット

・物件ごとの推定価格

課題

もともと中古不動産の価格査定業務や新規物件の賃料算出に多くの時間と多大なコストが割かれているため、この作業を効率化したいというのが一番の課題。
また算出ロジックが定型化されていないため、熟練度によって大きな誤差が出てしまうことも問題です。

新規物件の流入

営業拠点スタッフによる
査定データの収集

類似物件の情報収集を行い、周辺物件の家賃を参考に相場家賃を把握するなど、手間がかかる上に物件数も多い。

適正価格を算出

査定最終チェック

設備や立地などを比較し、不動産の価格や家賃の加点・減点要素を洗い出した上で適正価格を算出。

解決策

過去の売買データ他さまざまなデータをもとに、住所を入力するだけで査定結果が算出されるAIを構築し、周辺機能も含めた価格査定のシステムを導入。AIが価格査定を代替するようになることで、人件費の削減につながります。
さらに、価格だけでなく査定結果の根拠もわかるため、注力する物件の選定などマーケティングでの活用も見込めるように。

新規物件の流入

AIに住所・部屋番号などを
入力

価格査定に必要なデータの選定が重要

AIによる査定結果の算出

不動産分野の深いナレッジが必要な作業をAIが代行

査定最終チェック

ページTOPへ