AIモデリングサービス

USE CASES

舌画像判定

「スメハラ」という言葉を聞く機会が増えていますが、普段、自分の口臭リスクをチェックできないため、なかなかオーラルケア意識をもつことが難しいのが現状です。

その解決策として、AI(ディープラーニング)による精度の高い予測モデルを開発し、アプリに実装することで、『口臭リスクをチェックし、オーラルケア意識を向上する』という価値提供を実現できます。

改善前

画像から口臭を判定できる、精度の高い予測モデルを開発するための知見やノウハウが不足していた。

改善後

このサービス(アプリ)を通じて、生活者へ新たな価値を提供できた。

学習の入力データ

・舌画像
・口臭実測値

アウトプット

・口臭予測値

課題

画像から口臭を判定できる、精度の高い予測モデルの開発やアプリへの実装ノウハウが不足しており、 『生活者のオーラルケア意識向上』という価値提供を実現できずにいました。

舌の画像から口臭リスクを
人力で集計・分析・モデル化

人力では限界があり、
アプリ提供につながらない

スマホの機種による画質の違いがネックとなり、汎用的なアルゴリズムが作れず息詰まる。

口臭ケアをする習慣が
生まれない

オーラルケア意識向上に
つながらない

解決策

AI(ディープラーニング)による精度の高い予測モデルを開発し、アプリに実装することで、『舌の画像から口臭リスクをチェックできるアプリ』 を通じて、生活者にスピーディーに価値提供を実現できます。

舌の画像から口臭リスクが
わかる予測AIモデルを開発

スマホアプリを開発し、
口臭チェックが可能に

口臭ケアの必要性を認識、
ケアする習慣が身につく

スマートフォンのアプリを使って簡単に口臭をチェックできるようになる

オーラルケア意識が
向上する

ページTOPへ